住宅ローンを組む時に、妻と収入合算してローン組めますか。(銀行系)

住宅ローンを組むときに、
妻と収入合算しても大丈夫?
(銀行系)

はい、組めます。

収入合算は、銀行系とフラット系では
ローンの組み方が違います。

銀行系は、主債務がご主人
年収500万円

奥様が400万円の場合は、
収入の半分 200万円

合計で700万円の収入として
融資金額を算出します。

奥様の個信を見て判断したうえ、
連帯保証人となります。

主債務者(夫)が万が一、
亡くなられたら
残債は消えます(借金チャラ)。

住宅ローン控除は、妻は受けられません。
ただし、主債務者(夫)が払えなーいって、
逃げてしまったりすると
連帯保証人(妻)が支払うようになります。

ご主人は逃げないように(笑)
奥様は逃げ出さないようにして下さい(笑)

奥様が住宅ローン控除(減税)を
受けたい場合には、

ペアローンになります。
例)4000万円 融資希望
夫 2000万円 融資
妻 2000万円 融資

上記対して1%の控除額
(年間 夫:20万 妻:20万円)
それぞれ、主債務者となります。

ですので、ご夫婦のどちらかが亡くなられたら、
ご自身の借入金額だけ
残債がなくなります(借金がチャラ)

どちらを選択するかは、
ご夫婦でよく話し合って下さい。
次回はフラット系を説明しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA