住宅ローンの審査時注意点。個信情報の履歴は消した方がいいか?

住宅ローン審査時は、
個信情報の履歴は消したほうがいいですか

はい、消せるのであれば消してください。
過去にクレジット延滞があったりすると、
個信情報に履歴が残ってしまいます。

クレジットの延滞は、
5年で消えるとか10年で消えると
言いますが、
実態は消えてない事がほとんどです。
ご自身で、
個信情報を取得した上で、
カード会社に確認をし、
消せる内容でしたら
消してもらえるそうです。
履歴を消す
履歴が消せた状態で、
さらにクレジットカードを解約し、
事前審査ローンをすると、
仮審査が通過したりしますが、
ローンセンター担当者の腕の見せ所
という事が大きく左右されます。

以前にも、
お伝えしたかと思いますが、作文能力
お金を貸してくれる保証会社に
銀行マンが営業をかけるのです。

作文能力がたけていると、
納得の上、審査が通ることが多々あります。

今後、
借入しても大丈夫という根拠と
過去の延滞などの理由を正当化して
作文を提出しています。
がんばってますねー。

過去にクレジット系で
怪しいなと思う人は、
まず焦らずに不動産会社に相談してから、
事前審査行いましょう。
お金を借りられる➡購入できる
お金を借りられない➡購入できない
雲泥の差です!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA