住宅ローン組むときに、過去に病気をしていても大丈夫ですか?

住宅ローンを組む時に、
過去に病気していた場合
大丈夫ですか?

若いうちや健康な時に
住宅ローンを組んだほうがいいよ、
と言われたことありませんか。

それでも病気してしまった、
入院してしまったので
住宅ローンは組めないのでは?

と思った方!
大丈夫です。
住宅ローンは組めます。

生命保険に加入できない方は、
フラット35の機関を利用するといいでしょう。

団体信用生命保険(団信)は
加入なしで、ローンが組めるからです。

フラット35は、
平成29年9月30日まで

銀行と違って住宅ローンの支払い
(毎月支払い)以外
団信に加入する場合は
別途費用がかかる商品でした。
(基本、年払いです)

平成29年10月に改正があり

銀行系は、住宅ローンの毎月支払いに
団信料が含まれているので
別途支払いは発生しない商品ですが
フラット35も同じ扱いになりました。

融資審査はフラット35が
通りやすいので、
どちらがいいとも言えないですが、
銀行系とフラット35の両方審査しておき、
条件の良いほうを選択しましょう。

多く借りたい場合は、
フラット35のほうが
融資額は多いはずです。

銀行系は、金利条件が低金利ですので
ご自身の性格に合わせて選択して下さい。

ただし、
フラット35の融資上限額は8000万円まで、
気を付けてください。

団信とは、
主債務(例えばご主人様)
(ローンを組んだ人)が
万が一、死亡してしまった場合、
ローンを組んだ借金が
0円になるという保険です。

奥様やご家族には借金が
何もない状態に
してもらえる生命保険です!

例)当時 3000万円(ローン)
5年後 2500万円(残債)
はありましたが、

主債務(例えばご主人様)が死亡した場合は
借金が0円(チャラ)になるということです。

そんないい保険なら出来ることなら
過去に病気してても
加入したいと思いますよね。

だれでもそう思うはずです。

過去に病気をした方は、
病気した事実を黙っているのが
出来ない方のが事実です。

住宅ローン組んだ後に、
万が一死亡したけど、
病気の件がばれて、
家族に迷惑がかかるならと
思うようです。

だから、住宅ローン自体を諦めてしまう人も
多いと聞きます。

健康じゃない、
病気になったことがあるから
厳しいよねと、
そんな方々の救済措置があります。

すべての銀行で取り扱いはないですが、
ワイド団信という商品があります。

従来の団信の規定よりも、
より広く取り扱いする保険です。
(すこしゆるく審査をしますよという保険です)

※融資の審査がゆるくなるわけでなく、
保険加入のゆるさですので、
間違えないで下さいね。

例えば、
糖尿病・高血圧症・肝炎などになった場合でも
症状によっては保険(ワイド団信)に
加入できるとの事です。
(他の症状も該当する場合あるので確認必要です)

こういう保険があるという事は、
日本の医療の進歩も格段に
あがったという事ですね。

昔は、健康でなければ
住宅ローン組めなかったのに、
上記の病気になっても、
ローンが組める時代。

銀行も病気が治る前提で、
お金を貸しても、
返せますよね!
という裏返しでもありますね。

ただし、年齢制限が50歳未満だったり、
完済条件が80歳の誕生日までの
条件になったり、
金利も0.2%から0.3%上乗せに
なったりします。

ワイド団信に加入できるなら、
素直に告知をして、
検討するべきです。

病気したからとあきらめずに
審査をしてみてOKなら銀行系住宅ローン。

厳しかったら、フラット35で
保険なしの住宅ローンで
組める選択肢があります。

ワイド団信の条件の内容をみても
年齢制限が50歳未満、
若いうちに住宅ローンを組むのが
いいと思います。

適齢期はいつと聞かれると、
その時のタイミングもあると思いますが、
結婚時、お子様が産まれる時、
またまた、独身時代に早めに
買ってしまおうと。

若すぎると、まだローン組めなかったり、
自分で住まずに貸して、
賃貸に出しますよねと
金融機関から疑われたりしますが、
早いに越したことはないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA