住宅ローンは自己資金がなくても大丈夫ですか?

住宅ローンを組む時に、
自己資金がない場合、
大丈夫ですか?

住宅は購入するにあたっては、
諸経費もかかります。

引っ越しや家具なども
購入したりすると、
なるべく手持ち資金は
残しておきたいですよね。

ということで、全額ローン
(諸経費分も)借りられますか?

という質問ですが、
大丈夫です。

基本的にフルローンできます。

銀行系・フラット35いずれも
対応してくれます。
(以前は厳しかったのですが)

気になる金利ですが、
銀行系は住宅ローンの金利で
諸経費も借りられる事が
多くなりました。

(物件価格 2500万円 諸経費 200万円)
合計2700万円の融資 となります。

銀行系の審査は、
年々緩くなっていっています。

以前は、諸経費ないし、
貯金をする人でないと
お金は貸しませんというのが
スタイルでした。

時代の流れとともに、
諸経費分も貸出がOKになりました。

金利が低くなって、
変動金利を選ぶ人が増えたので
少しでも多く借りてほしい
という思いでしょう。

借りられるなら借りてもいいと思います。

フラット35は、
物件価格の9割分まで固定金利

1割分が変動金利 諸経費分も変動金利
(物件価格 2500万円 諸経費 200万円)↓内訳

固定9割 2250万 変動1割 250万円
諸経費分 200万円(変動)
という感じになります。

フラット系は、諸経費金利は銀行系より
高く設定してますが、審査自体は
緩く借りやすい傾向があります。

フリーローンなどと比較しても
1%ぐらいは低いので、
足りない方は借りておきましょう。

ただし、
売買契約書を締結(契約)するときは、
手付金というお金を
ご用意しなくてはなりません。

最低でも50万円
必要かと思います。(経験上)

場合によっては10万円の手付金でも
応じてくれる可能性ありますが
まずは不動産会社さんに
相談して下さい。

10万円の手付金は、
売主さんにとっては、
リスクが大きいので、
厳しいという事は
お伝えしておきます。

簡単に言うと、
10万円放棄で購入者は
契約を白紙に出来るからです。
※10万円も買主さんから見たら大金ですけど

ちなみに、先に支払いした
手付金(50万円)は戻ってくるの?
と思いますよね。

金融機関(銀行・フラット35)から
諸経費分も全額融資OKと
決定した場合、

手付金の戻るタイミングは、
物件のお引渡し
(所有権移転日、鍵をもらう日)
までの期間です。

例)3月12日 契約(50万円支払い)
→ 4月12日 引き渡し(50万円戻る)

契約してから物件お引渡しまでが
約1か月になります。
ですので1か月の間だけなので
なんとかしましょう。

※くれぐれもキャッシングなど、
金融機関から一時的に借りてはダメですよ!

もし手持ち資金が無ければ
親御さんからでもいいので
なんとか借りましょう!

というか借りないとダメです!!

金融機関(銀行やフラット35)は
一時的に借りたことは(キャッシングなど)
ばれてしまいますので。

なぜかというと・・・、

個人信用情報機関(個信)
見ることが金融機関は可能だからです。

もちろん、住宅ローンの審査を
する際に同意をしないと
勝手に見れませんけど、
皆さん必ず同意してますし、
銀行側は、必ずチェックする部分です。

個信に関しては、
次回詳しく説明します!

↑先に処理しておけば良かった
となる重要なお話しです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA