パワーカップル

パワーカップルという言葉が
使われるようになりました。

私が専門で対応している
共働き夫婦の事です。

筋肉隆々の夫婦
ではありません(笑)

収入、所得が多く、
パワーがあるという事です。

10年前以上から、わたしも
共働きですが、
ここ最近は、かなり増えました。

専業主婦では、やっていけない
時代というよりは、
女性も働きたい、自立したい、
欲求が高まったと思います。

子育てしながら
働くスタイルが確立し、
旦那、ご主人も家の手伝いし、
育児するイクメンも増えました。

お互い仕事、家事をするので、
時間がいくらあっても足りません。

保育園問題も家族では、
大きい事情です。
私も当時は、区立保育園に入れず
2人の娘は、私立保育園に入園。

しかも別々の保育園でしたから
さらに動き回って、当時は
時間が全く足りなかったです。

保育費用もかなり高く、
「何のために働いているんだ」と
疑問を頂きながら、
それがなんと、1年間続きました。

同じような経験をした人も
いるのではないしょうか汗

10年前の話なので、
だいぶ改善してるかと思いますが
子育て環境、保育園をメインで
検討する親御さんはとても多いです。

マンション内に託児所があったり
会社内に施設を取り込み、
福利厚生部分を手厚くし、
人材確保をしている企業も増えました。

そして、パワーカップルは、
所得もあるので、
こんな事例をお伝えします。

予算は限られている中、
物件としてとても気に入り
駅10分の住宅を検討しました。

でも、お互い、とても忙しい中、
仕事、家事をしていますので、
時間は限られてます。

そこで、提案したのが、
予算は上がりましたが、
駅5分の物件提案、
時間を購入という選択です。

往復で10分、1週間で70分
1ヶ月2100分、1年間420時間です。

これは、物凄い気づきで
共働き夫婦にとって、
有難い時間の計算となりました。

目先の支払いだけを気にすると
毎日のことの積み重ねが
1年、2年となります。

実際、僕が体験しているので
気持ちが分かります。

お互い、仕事継続していく意思が
あるなら、提案の仕方で
目的が明確になります。

少し視点を変えるだけでも、
全く解釈も変わり、
問題解決の糸口になります。

これだけの時間があれば、
夫婦の時間はもちろん、
子供と遊ぶ時間も取れます。

家族で住む空間は、
どこでも変わりません。

ですが、長い目で見たときに
5分の積み重ねは、
年月と共に膨大になります。

これからは、条件に沿った家探し
ではなく、
10年後、15年後、資産として残せる
住宅購入術を身につける事が大事です。

セミナー随時開催してます。

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

新ルート 羽田空港

次の記事

人生相談と夫婦と家