住宅ローン控除について、年収500万円の控除額はいくらですか

住宅ローン控除について、
年収500万年の控除額は?
ローン組んだら、
控除しきれるか知りたいですよね。

令和4年(2022年)から改正になります。

■♦■♦■♦~2021年から2022年以降変更点■♦■♦■♦
控除率 1% → 0.7%

減税期間(新築)10年間 → 13年間

減税期間(中古)10年間 → 10年間

所得上限 3000万円 → 2000万円

現行制度では、耐震性など一定の要件を満たした「認定住宅」の場合、
減税対象となる借入残高の上限は5000万円、
認定住宅ではない一般住宅は4000万円

新制度では、2023年末までに入居した場合は、
住宅の環境性能に応じて5000万円(長期優良住宅など認定住宅)、
4500万円(ゼロエネルギーハウスZEH)、
4000万円(国が定める省エネ基準を満たした住宅)
3段階に分けた上で、
省エネ基準を満たさない一般住宅については
上限が3000万円に引き下げられることになる。

また、2024年、2025年の入居については、
減税対象となる残高の上限を認定住宅で500万円、
その他の3つの分類の住宅については、
それぞれ1000万円引き下げられることになります。

※※※
今回の税制改正により、一般住宅の場合、
これまで400万円だった最大控除額が
2022年・2023年入居の場合は273万円、
2024年・2025年入居の場合は140万円に
縮小されることになる。

一方、認定住宅など環境性能の高い住宅の場合は
縮小率が小さくなりました。
■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■■♦■♦■♦■♦■♦■♦■

住宅ローン控除 ←詳細は国税庁のHPで


年収500万円の人
例)住宅ローン 3000万円
期間 35年 金利1%
物件購入は税込の業者物件★とします。
借入金額も年収に応じて
無理のない設定にしてます。

※個人住宅(一般住宅)で取引した場合は
10年間で140万円
(借入限度額2000万円)までが最大控除
※★特定取得住宅(消費税額が含まれる住宅)
13年間で270万円(借入限度額3000万円)
までが最大控除★

■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■

※認定住宅は13年間で455万円
(借入限度額4500万円)
 
住宅ローン控除額
3000万円(借入金額)×0.7% 21万円
13年間 273万円

年収500万円内訳
(住民税は控除額から
引ける金額を記載してます)

①単身者 所得税:約11.88万円
住民税:13.65万円
(21万円ー11.88万)9.12万円

合計:21万円

②妻あり 所得税:約8.91万円
住民税:13.65万円
(21万円ー8.91万円)12.09万円
合計:21万円

※子が0歳から15歳までは
上記の控除額は変わりません。

③妻・子が16歳~18歳
所得税:約7.01万円
住民税:13.65万円
合計:20.75万円

④妻・子が19歳~23歳
所得税:約5.76万円
住民税:11.78万円
合計:17.54万円

⑤妻・子2人とも16歳~18歳
所得税:約5.11万円
住民税:約10.48万円
合計:15.59万円

⑥妻・子2人とも19歳~23歳
所得税:約2.61万円
住民税:約5.48万円
合計:8.09万円

⑦妻・子1人16歳~18歳
子1人19歳~23歳
所得税:約3.86万円
住民税:約7.98万円
合計:11.84万円

※②・③・④・⑤・⑥・⑦
妻が専業主婦orパート
(配偶者控除を適用してます)

■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■♦■

※控除枠で所得税から引ききれなかった分が
住民税に充当します。

①の例 控除額が21万円 所得税が11.88万円
21万ー11.88万=9.12万円 が残ります。
残った9.12万円から住民税を
引いてくれるのですが、
実は住民税最大控除額が13.65万円です。

がしかし、控除枠のほう低いので
9.12万円が最大控除額となります。

※個人の住宅(非課税)購入だと
97,500円が上限です

④~⑥は配偶者控除があるので
税金額が少ない為、
上記の合計額となってます。

年収500万円
独身で生命保険など加入してないと
住民税は約25.45万円(目安です)
25.45万円ー9.12万円=16.33万円を、
払うことになります。


13年間で軽減できる額

①:約212万円(13年間)単身者
②:約212万円(13年間)妻あり
③:約212万円(13年間)妻子1
子16歳~18歳
④:約202万円(13年間)妻子1
子19歳~23歳
⑤:約155万円(13年間)妻子2
子2人とも16歳~18歳
⑥:約105万円(13年間) 妻子2
子2人とも19歳~23歳
⑦:約153万円(13年間)妻子2
子1人16歳~18歳
子1人19歳~23歳


①:約212万円(13年間)が還付
ですが・・・、
あれ?
21万円×13年間で273万円ではないの?
って思いますよね。

毎年借入金額が減っているので、
2年目から下記の計算となります。

例)7年目の残高
29,280,000円 ×0.7%=20.49万円

3年目の残高
28,560,000円 ×0.7%=19.99万円

4年・5年・・・
と徐々に金額が減っていきます。

①・②・③は、
配偶者控除ないし扶養家族の子供が1人だと
控除が少ないのでかなりの控除額が
算出できます。

④の場合で、奥様が
専業主婦ないしパートでなく、
社員として働いて、収入があれば、
ご主人と奥様で1500万円ずつ借入をして

1年間
1500万円×0.7%=10.5万円×2=21万円
(夫婦)控除が受けられます。

13年間で夫婦で約136.5万円ずつ
(合計約273万円)

夫婦でローンを組むことで
最大控除額が受けれることになります。

夫婦でローンを組むことによって、
上手くローン控除を利用しましょう。

上記のように借入金額が
1500万円ずつではなくても
2000万円と1000万円という形で、
所得が高い方が多く
借りるのが良いと思います。

その分、住宅ローン控除を
多く利用できるためです。

小さい子供がいる場合は、
(0歳~15歳)配偶者控除が
ないので住宅ローン控除を
お勧め致します。

生命保険や地震保険の加入、
ふるさと納税などをしていると
所得税と住民税額が変わりますので
あくまでも上記の所得税と住民税は
目安としてください。

税金控除の中でも
サラリーマンの方々にとっては
一番節税になる内容です。

自営業の方と違って、
普段、確定申告をしてないので
税金を払ってるという意識が
薄くなりますよね。

この控除額って本当に威力が
凄いんです。

1年に1回ですし、分からない分野なので
そうなんだーぐらいのレベルだと思います。

ですが、一度確定申告をして
その翌年の住民税が引かれてたりすると
かなり嬉しくなりますよ。

例えば、毎月2万円住民税引かれていたら
その半分の1万円になったりするんです。

あれ?毎月の給料増えてるなぁーと
実感できるはずです。

「お、おー増えてるよー」
ガッツポーズしてもらっても構いません(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA