中古マンション購入をする際に、建替えはどうなりますか②

中古マンション購入をする際に、
建替えはどうなりますか②

前回から続きですが、
建替えに関しての容積率緩和です。
今までの建替え物件は、
立地がよく収益性が見込める、
また駐車場部分などの空地が多い敷地、
現状よりも戸数が多く建築できるなど、
分譲販売して利益が見込める
といったケースなどに
限られていました。
 
今回の法案は、
基準容積率の割増容積率アップです。

今回の改定後により、建替え需要が増えます。
大手デベロッパーや民間企業も
建替えに参入できますので
住んでる方もメリットが
多くなると思います。
 
資産性が高くなれば、
住まずに売却して高く売れますし、
余分に分譲できる部屋が増えれば、
建替え費用の持ち出しも減るので
所有者にとっても有難い法案です。

建替えによって、
色んな障害もあると思いますが、
最終的には良かったなと感じるはずです。
積極的に理事会の話し合いに参加することを
お勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA