中古マンションは価格交渉できるものなのか?

中古マンション購入の際 
値段交渉できますか②

前回の続きで、売主が業者の場合です。
不動産業者がリノベーション販売している
中古マンション購入金額は高いです。
 
内装も含め、
見えない部分の給水管、
配管などもすべて交換しており、
設備は約半年間、
主要構造部分は2年間の
保証を必ずつけているので、
安心料も含んだ
価格設定してます。

最近の業者傾向は、薄利多売!
色々なマンションを
少し高めに購入して
利益は薄く、戸数で勝負。
ということは、価格交渉が
厳しい状況になりつつあります。

同じようなライバル会社が
多くなってるため、
買取競争が激化しているのも
要因の1つだと思います。
 
もしくは、
担当者ベースで利益部分を
計算してますので安く売ると
担当者の成績にも響いてくるので
安易に金額を下げてきません。
 
業者は、周辺のリサーチを
必ずして購入してます。
色々な不動産業者に連絡をして、
金額の目線を描き
リノベーションしても、
ある程度採算とれるかどうか
確認をしてます。
極力失敗がないようにしてますが、
的が外れてしまう事がまれにあります。

もちろん、
時間が経過していれば(3か月売れない)
価格交渉もしやすくなりますので、
狙い目です。
が同じような考えで
検討している方もいますので、
ご注意下さい。
 
金額が下がったときは、
本当にスピード勝負となります。
いち早く、申込書を提出し、
さらにローン事前審査が通過して
いるかで優先順位が決まってきます。

①ローン事前審査 OK
②申込書 満額
③契約日・時間 設定
②と③の期間が短いければ短いほど契約締結できます。
 
準備を予めしている方と
そうでない方の違いで、
購入できるかできないか、
はっきり分かれてきます。
よく準備が大事と言われますが、
いざ自分事になると
できないものです。

せっかく、貴重な時間を
費やしたのですから、
可能限り準備をすすめておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA