中古マンションを購入する際の注意点 実物①

中古マンションを購入する際の注意点
実物①

新築マンションと違って、
完成した現物が見れるのが
中古マンションの最大のメリットです。

現物が見る上で、
色々とポイントがありますが、

大事な部分としては、
まずはエントランスです。

マンションの顔でもある
共用の玄関ですね。

分かりやすい場所ですし、
見るにはもってこいのですね。

気になるマンションがあれば、
外観を見にいくついでに、
確認ができる部分です。

管理状況を見るのに
目視ですので、有難いですね。

まずは、清掃が行き届いているか、
これが最初のポイントです。

エントランスホール部分・郵便ポスト・
宅配ボックス・自転車置き場・駐車場です。

郵便ポストは、チラシが散乱してないか、
留守中のポストがパンパンに
なってないか。

郵便ポストの下の
チラシ用のごみ置き場がある場合、
こちらもパンパンないか確認して下さい。

もし、チラシが落ちてたら
拾ってあげて下さい(笑)

宅配ボックスは、周辺にゴミが落ちてないか
確認しましょう。

自転車置き場は、きちんと並べてあるか、
禁止区域に駐車してないか見てみましょう。

この部分は、自ら確認しようと思えば
できる部分ですよね。

あまりジロジロみると
管理人さんから「なにか御用ですか」

すかさず、
つっこみがあるのでほどほどにして下さい。

厳しく目を光らせている証拠です。

次は、
管理室の備え付けの机(大体大理石調の机)
が整理整頓されているか、

管理会社の連絡先と
緊急連絡先の記載があるか。

ここも、必ず住人が通る場所なので
チェックポイントとなります。

あるあるなのが、
エントランス内

もしくは入口部分に
勝手に自転車が置いてある場合も
確認して下さい。

緊急の場合は、許してあげて下さい。

基本的に
管理人がいる場合は、
ほぼ、上記のチェックポイントは
クリアしてると思います。

自主管理(管理人がいない)や
月1回や2回ぐらいの清掃だけの
管理しているマンションなどは
要確認が必要です。

管理人がいなくても、住人の方が清掃して
きれいな現場もたくさんありますので、
ご自身の目で確認するべきだと思います。

マンション全体の組合(住人)が、
管理費などのランニングコストを
抑えるために、削れる部分は、
削っているマンションです。

意識が高い方も多いので、自主管理が
決して悪いとはなりません。

ただ、注意点としては、銀行系が
自主管理だと、担保評価が下がったり

住宅ローンとして扱ってくれない事が
あります。

不動産屋さんに
相談してからにしましょう。

エントランスの管理が行き届いてないと、
他の共用部分も管理されてない事が
多々あります。

次にごみ置き場も
併せてチェックして下さい。

ここも、かなり重要な部分になります。

ゴミ置き場というぐらいですから、
常に汚れる場所です。

ゴミ袋が破けて、汚れている、
匂いがキツイと悪循環になっていると、
ゴミ捨てに行く際も、住人も乱暴になり、
投げて捨てるパターンとなります。

鍵がないとゴミ置き場内が
見れない場合もあるので、
不動産屋さんと内覧する時に
併せて確認して下さい。

こんな感じで管理されて、
鍵がかかってます。

それだけ、他の方が利用できないように
厳重に管理されているという事です。

鍵がかかているゴミ置き場は、
往々にして綺麗な状態です。
ですが、確認はして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA