中古マンション購入をする際に、引渡し猶予とはどういうことですか

中古マンション購入をする際に、
引渡し猶予とはどういうことですか

個人の売主さんの場合に
引渡し猶予することが多いのですが、
中古マンションを購入する時に、
最終残代金を支払う日があります。
 
例)7月31日 残代金を支払う
その残代金をもって、
売主の借入金額を相殺する。
売主は、
次に購入する住宅を同時期に借入をする。

ケースバイケースですが、
売主が既存の借入金が
ある状態で新規の借入金ができる場合と
年収によって、
それ以上借入をする余力がなければ、
できない場合があります。

お住みかえなどのケースは、
既存借入金を消す➡新規借入をする
➡新規住宅に引っ越しする➡引っ越し完了
➡購入した人に鍵を渡す

という流れになるため、
引っ越しする間の
約1週間を引渡し猶予とします。

お金を全額支払ってから、
猶予があるのは
心配になるかと思いますが
契約条項で色々と条件を付けているので、
購入した人に不利にならないように
なっております。

分からない事は、
不動産屋さんにお気軽に相談してく下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA