住宅ローンを組む際に、事前審査はやっておくべき?

住宅ローンを組む際に、
事前審査はやっておくべき?

よく聞かれる質問ですが、
お客様の属性によって判断
するのがよいと思います。

ですが、最近(2019年3月)はまた
様子が変わってきております。

どういう風に変わっているかというと
住宅ローン仮審査一括査定というシステム。

一見、便利だと思うのですが
これが取り返しのつかないことになります。

何?何?となりますよね。

結論から言いますと、
不動産仲介会社の営業マンの
レベルの低下です。

経験が浅い方は、これで一括でやれば
どこかしらで審査を通る!
と勘違いしてしまいます。

これは、本当にローンを組めることの
可能性を低くしている原因です。

1社ならまだ、救いがあるのですが、
すべてに出してしますとこれは取り返しの
つかないことになります。

そのノウハウを知っているかどうかは
経験のある不動産会社によります。

ここ最近は、本当にそうなってしまってから
僕のところへ聞いてきます。

なので、もっと早く出会っていれば
常に思います。

少し立ち止まってくれたら、
色々と手助けができます。

それでも気になる方、
とくに
中小企業や個人事業主、
派遣社員や契約社員、
アルバイトの方は
一度審査を下さい^^

また、以前説明してますが、
個信に問題がある方は
銀行系やフラット系の事前審査をする前に
ご自身で調べてみましょう。

不動産は、同じものを作り出せないので、
物件を気に入ると購入意欲が強くなります。
申込をしたとしても、
お金の算段(用意)が出来てなければ
1番手は確保できないと考えて下さい。

という事は、
事前審査でローンは確約できている、
お金を貸してくれる書面があるなど、
根拠・証明ができれば、
※基本的には一番手確保できます。

最終的には売買契約優先となりますので、
気に入った物件が出てなら、
1日でも早い契約が望ましいと思います。
※現金客が現れるとひっくり返されることあります。

これは、意外にあるあるです。
現金で購入するから優先順位を変えて下さいと。

ここまでくるとご縁なので、
自分自身に問いかけることですね。

ただ、経験上では、審査を必ず進めておくことです。
ひっくり返されても、
ひっくり返ることもあります。

申込と契約は、
全く別と認識することが大事だと思います。
✕申込➡購入できない(1番手の権利基本ない)
〇契約➡購入できる(1番手の権利確保)
次回は購入するまでのプロセスお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA