住宅ローンを組む際、銀行窓口と不動産業者を通すローンセンターの違いはありますか①

住宅ローンを組む際、
銀行窓口と不動産業者を
通すローンセンターの
違いはありますか。①

はい、違いはあります。
銀行窓口にてローン相談をすると、
基本的には不慣れの方が非常に多いです。
 
不動産は、いろいろな物件があり、
担保評価やお客様の属性、
会社員ならいいですが、
個人事業主や会社経営者、
産休・育休中
など、様々です。

すぐに答えてくれればいいのですが、
意外に回答が遅かったりしますので
注意が必要です。
 
特に経営者は、
お付き合いしている銀行の担当マンには
要注意です。

経営者
「住宅ローン考えてるんだけ○○○○万円組めるかな」
担当マン
「はい、貸します、貸します、大丈夫です」
という会話になり、
いざ審査すると
全くローン組めないというのは、
すでに日常茶飯事になりつつあります(笑)

審査時間も時間がかかります。
不動産業者を介したローンセンターより
3日から5日ぐらい違う可能性がありますので、
スピード勝負で、物件購入する場合には、
不動産業者を頼ったほうが良いです。
 
不動産業者は、
土日案内や交渉した後に、
月曜日に銀行担当の方と
電話で相談します。
これを毎週繰り返していますから、
経験値高いです。
 
経験がある営業マンは、
土日に事前審査を記入して頂き、
月曜日には審査開始、
火曜日には回答がローンOKとなれば、
スムーズに契約できます。
 
※ローンセンターの方に確認しなくても、
経験がある為です。

気に入った物件を契約出来れば、
その後に希望の金融機関(銀行)に
事前審査をしても全く問題はないですから、
安心して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA