中古マンションを購入する際の注意点 エリア

中古マンションを購入する際の注意点 エリア

金額・価格が決まれば
次はエリアですね。

中古マンション購入を検討する
約7割ぐらいの方々は、
現在住んでいる場所・周辺を選択してます。

近くに、売り出しした物件販売されたから
見てしまったら買ってしまった。
住み慣れた街や知っている場所が多い、
知り合い・友人がいる、実家が近い、
やはり、環境が変わらない為だと思います。


住んでいる場所が自分たちの収入より
高いエリアだったり、再開発が進んで、
数年で住みたい街ランキングにも掲載され
人気急上昇なエリアなどは、
購入するにあたっては、
予算オーバーの場所になってしまったなぁと
よくある話しです。

街並みが大好きで
住みやすいから価格を上げて、
予算オーバーの物件を
購入するのは本当にやめましょう。

支払いを無理してしまうと、
好きな街や住みやすいなどの
理由は全くなくなり、
そもそも生活するのが大変になります。

やはり、金額の高い新築マンションに
あるパターンのようです。
モデルルームきれいだし、盛り上がって
しまうんでしょうね。
※決して、悪いとは言いません。

それでも、各家庭によっては事情もあるので、
住んでいるエリアで検討されるなら、
広さや築年数、駅距離などを妥協することも
1つの選択肢となります。

その中でも、妥協できない点って
なんだと思います。
はい、ずばり広さです。

賃貸でも持家でも、今の家より
狭くなるのは、欲求が満たされないようです。
今よりも広くなって、気持ちも楽になるようで、
購入した後も、部屋が広くなってよかったという
声をよく聞きます。
購入した後ランキングにも上位に来るはずです!

ただ、中には広い家を購入したけど、
1部屋は物置になっている
おうちもたまに見かけます・・・。
ものが捨てられない人、
そうなってしまいます。

もし、自分もそうだ、
あっそうかもしれない
という人は、
まずは断捨離をしましょう。

アドバイスですが、
ゴミ袋を3つ用意します。
①捨てない、使うもの袋
②捨てる、使わない袋
③どっちかわからない袋
①と②は分かりやすいですね。

③ですが、
結論からいうと捨てるです

私もそうですが、
夏に着るな、冬に着るな、
もしかしたら使うなみたいな物は、
基本使いません。
物置にずっと入りっぱなしです。

そういうものが積み重ねで、
物は増えていきます。
こういうタイミングで、
一気に捨てましょう!

一日で片そうするのではなく、
少しずつ、捨てましょう。
粗大ゴミだと、有料になるので、
燃えるゴミ日、燃えないゴミ日
資源ごみなど、分けて捨てていくと、
粗大ゴミにはなりません。

粗小ゴミです(笑)って言わないですね。

そうすると、物はなくなるし、
きれいになるし
購入前なら、専有面積が
100㎡が90㎡で済むかもしれません。

4LDKが3LDK、3LDKが2LDKというふうに。

断捨離して、さらに予算が下がれば、
願ったり叶ったりなので
まずは、行動して下さいね。

妥協できる点のなかでは、
駅距離が多いと思います。
とくに運動不足の人は、これぐらい
歩かないとダメだろうと、
健康を考慮して妥協する人も多いです。

年取ったら、駅近マンションに
住み替えればいいだからと。
それでも、
マンションは駅から離れると
資産性が落ちますよねと聞かれます。
もちろん、間違ってはないのですが
一概には言えません。

エリアの次は駅距離なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA