住宅ローン控除。年収500万円で消費税10%の検証

住宅ローン控除を利用して
年収500万円の人が
消費税10%に上がった時の損得を検証。

2019年10月から消費税が10%
になる予定です。

それに伴って、
年収500万円の住宅ローン控除の
金額と消費税が上がる前と後を
徹底検証してみます。

年収500万円の借入金額を設定します。

無理のない借入金額を計算すると
銀行の審査金利が平均で3.5%です。

※審査金利は、この基準で融資限度額を
決めるという設定金利です。

500万円×30%=150万円(年間)

年収の3割が無理のない範囲とします。

150万円÷12か月
=月々12.5万円

融資金額 3000万円 金利3.5% 年数35年

月々約12.4万円となります。

実際は、フラット35の固定 1.37%
月々が約9万円となり、
管理費・修繕積立金が約3万円で考慮すると
合計で12万円がリアルな支払です。

では、融資金額が3000万円ですから
住宅ローン控除はその1%が10年間の控除額
300万円となります、

1年間 30万円が控除額です。

が・・・、消費税がかかる物件のみです。

詳しく言いますと、リノベーションした
マンションとなります。

それ以外のマンションは、
個人の売主さんから購入は
住宅ローン控除額 10年間で200万円まで

1年間で 20万円が控除額となります!

ここは、以前にもお伝えしてますが、
再度皆さん、確認が必要ですからね~^^

さらに、リノベーション物件購入して
融資額3000万円、
控除額300万円(10年間)
年間 30万円

ですが・・・、
あくまでも残高に対しての1%ですので!

年間で約70万円の借入が減ります。

翌年は、約2930万円が残高です。

年間29.3万円となりますよね。

それが毎年、徐々に減っていくので
10年後は約2300万円が残高となります。

よって、
10年間で230万円の控除額となります。

個人の売主物件を購入した場合は
10年間で200万円の控除額がMAXとなります。

その差は30万円となります。

次に、消費税が10%になったら
どうなるか?を検証します。

まず、3000万円の中古マンション
土地と建物の内訳を計算します。

築年数にもよるので
一概には言えないのですが、
建物が800万円とすると

消費税が8%
64万円

消費税が10%
80万円

その差が16万円

建物が1000万円でも

消費税が8%だと
80万円

消費税が10%
100万円

その差が20万円

どうでしょうか?

これをすごく大きく感じた方より
あれ?その差額だけですか!

はい、そうなんですね。
ここは皆さんも大事なポイントですが
消費税駆け込みを記事が
マスコミメディアで騒がれます。

数字で見ると明らかなのですが、
数百万円という金額の差ではありません。

数十万円なので、
駆け込みをする必要がないと思います。

損得を検証すると・・・、
若干の得という事でしょうか(笑)

住宅ローン控除も借入金額に対してなので
ほとんど変わりはありません。

消費税10%になったら控除額も
上がるならメリットありますが
今のところ変更はありません。

特に中古マンションの場合は、
個人の売主物件がとても多いです。

個人から購入する際は、
物件自体に消費税がかからないのです。

上記の土地と建物の内訳自体が
無いという事です。

となると、中古マンション購入する際は
消費税の影響がほとんどない
という事になります。

この記事を読んで頂いているなら
ご理解頂けたと思います。

ただ、その先の2020年の
オリンピック後に価格が下がるのでは
と思っている方多いですよねーーー!

その記事は僕のブログに書いてありますので
ぜひ読んでみてください。

中古マンション購入する時、
2020年買い時?

結構、確信に迫っている記事だと
思いますのでーーー^^!

これから1年後に消費税が上がる
可能性がありますが、
あくまでも記事に踊らされるが
なくなります。